包茎のお悩みの青年が多いですが軽度なら自分で治すことができます

包茎のお悩みの青年が多いですが軽度なら自分で治すことができます

包茎とは男性の性器において、勃起時ではなく、平常時に亀頭が陰茎部を包む包皮、つまり皮膚に覆われている状態のことを指します。
しかし、日本人の場合で平常時に亀頭が完全に露出している男性は2割にすぎません。

多いのは、平常時は亀頭が全部あるいは一部が皮膚に覆われているが、勃起時には痛みも締めつけもなく、亀頭をスムーズに全部露出させることができる軽度の仮性包茎で、特に思春期の青年にとって、仮性包茎であることはお悩み事の一つになっています。

しかし、仮性包茎は自分で治すことができます。平常時でも亀頭が完全に露出してさえいれば、多少は皮が余っていたとしても包茎ということにはなりませんから、トイレに入るたびに剥く、お風呂に入るたびに剥く、日常生活において、普段から剥くことができる環境にある時に、この行為を徹底的に繰り返し行ないます。その際のポイントは、根本までしっかりと皮を持ってくることで、そうすれば、皮に癖がつきやすくなり、普段から亀頭が露出しやすくなります。

亀頭が露出さえしてしまえば、刺激に強い亀頭となり「垢」もたまりにくくなって、臭いも全く気にならなくなります。

また、道具としてシリコンやゴム製の伸縮機能のある素材を使って、皮膚に付け亀頭に皮膚が戻らないようにするものがアダルトショップや通販で売っていますが、粗雑品であったり、また買うことが恥ずかしかったり、周りの家族に知られるのも嫌ですから、先ずは自分で治す方法をしっかり試みてください。

包茎手術・包茎治療を八王子市でするならココがお勧め!評判・口コミ


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ